北海道ツーリング2010夏:11日目
e0186780_16143799.jpg

札幌〜真駒内滝野霊園〜中山峠〜羊蹄山〜長万部〜函館〜青森

札幌の友人宅では楽しく過ごせた。暖かいおもてなしに感謝。ありがとう。
ちくわパンっていうらしい。ちくわの中にシーチキンが詰まっているんだけど、これがなぜが絶妙な味でうまい!

e0186780_16165131.jpg

途中まで案内してくれるというので、モアイ像みて、中山峠を走る。

e0186780_16171696.jpg

中山峠の道の駅まで友人夫婦とドライブして、ランチしてここでお別れ。
なんとお礼を言ってよいやら。来年もお世話になるのに、どうしてここでランチをごちそうしなかったのだと別れた後で後悔する。

あとはノンストップで函館目指すだけ。帰路はどうしても精神的な余裕が出てこない。今年も終わりかと思うと、こんなボクでも寂しくなるのだ。

天気もいいし洞爺湖湖畔を走ろうと思ったが、地図を見て走ったことのない丘陵地コースを選ぶ。どこだかは地名が思い出せない。羊蹄山を眺めてルスツを通過してきたと思う。

海辺に着いてしまえば、あとは退屈な函館までのルートを無心で走るだけ。対向車線を走ってくる恐らく今日、上陸したばかりのバイク乗りへ手を挙げるのが面倒になってくる。昨年はこのルート、寒かったと記憶している。今年は半袖で函館まで走りきってしまった。

 今年は、天候に恵まれて本当に良かった。

しかし、写真を撮る気力は残っておらず、帰り道は、ただ退屈に感じながら走っただけ。

e0186780_16173041.jpg

乗船締切時刻直前まで、家族へのお土産を探し、危うくフェリーに乗り遅れそうになった。函館のベイエリア、きっと、ちゃんと観光するといい場所なんだろうな。でも、ボクの求める北海道は、これじゃないんだ。

e0186780_16183122.jpg

また来るよ。
楽しかった11日間は、あっという間でボクには時間がたりなかった。

e0186780_16184177.jpg

復路の船はシャワー付だった。排ガスと汗をすっきり洗い流すことができるのはうれしい。

e0186780_16185556.jpg

ぎりぎりの乗船だったので、乗船中の食料を買えなかった。仕方なくハーレーに積んでいた美瑛でトレッキングした時に購入した非常食の残りで空腹を満たした。ウトウトしていると、3.5時間の船旅なんで、すぐに青森に到着。ここから800km、12時間の高速走行をがんばらなきゃいけない。

e0186780_16191039.jpg

去年同様に青森で給油とビール買い出しを済ませ、芝生のある津軽サービスエリアを目指す。半袖走行はこのコンビニで終了。

e0186780_16192026.jpg

テント設営完了。
あとはご飯温めてビール飲んで寝るだけ。

e0186780_16193936.jpg

美瑛の「蜂の宿」で毎晩、これ飲んでました。カブれてますね。
サービスエリアの星空は綺麗だけど、感動ができないや。

やり遂げた感はあるが、虚しい気持ちもある。

 やはり、北海道が大好きだ。それは不変。

明日からどうやって過ごしたらいいんだろう。帰路の800kmの長い道のりが、徐々に徐々に現実へ戻してくれるんだろうか。素敵だった北海道の景色を思い出すと気持ちがフワフワしてるのを感じる。

やっぱり来年も行きたいよ。




[PR]
by bakaski | 2011-08-26 12:30 | 北海道ツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bakaski.exblog.jp/tb/15333655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 北海道ツーリング2010夏:1... 北海道ツーリング2010夏:10日目 >>