ミニカ55バン 電気系のトラブルが一気にやってきた
e0186780_1249922.jpg

今週も奥さんに無理いって車いじりをさせてもらった。

先週の金曜の夜に異変の第一弾が起きた。

【症状1】
ウィンドウウォッシャーモーターが逝った後
モーターだけ変えればいいや〜と気楽に考えていたんだけど...
ヒューズはすべて生きているのにヘッドライトは点灯するが、スモール&テールランプがつかない。

【症状2】
バックランプが点灯しない。

【症状3】
ミツバ製の間欠ワイパーが稼働しない。

これだけ一気に起こると、自分で直せるのか不安になる。

e0186780_12492276.jpg

症状1と2は、単純に錆が原因だった。
スモール&テールランプはボディーアース部が塩カルの影響でかなり腐食していたので、リフレッシュさせることですぐに復活した。

バックランプはリアのランプハウジングの配線の隙間から水が浸入→電球ソケットが腐食してただけ。

e0186780_12493810.jpg

ウィンドウウォッシャーモーターはこんな具合。
いかにも寿命がきている感じ。

e0186780_12495497.jpg

とりあえず、ボンネット内から配線を延長して、配線が死んでいないことを確認。
その後、分解清掃してみたが動いたり動かなかったりな状況。
恐らく、モーターのブラシ部の摩耗が原因。
これは交換で直るでしょ。

e0186780_15125352.jpg

ミツバ製の間欠ワイパー不動はどうしましょうか?
ヒューズは生きているし、どこが原因なのか?しばし考える。

製品に付属してきたエレクトロタップを疑う。

製品付属の配線図を今一度確認する。

ワイパースイッチのACC電源をエレクトロタップで分岐させて電源を供給する仕組みなのだが、ここが怪しいと予想。テスターで調べると電源がきていない。な〜んだ、単純に直りそうと楽観視したのも束の間。

ワイパースイッチ用のACC配線に電源がきていない。

ワイパースイッチにはACC電源が2本きていて、エレクトロタップを繋いでいる線が死んでいる。

生きている線へ繋ぎ変えると間欠ワイパーは動いた。
(でも、ここには以前は間欠ワイパーを接続していなかった→たぶん、こっち側では動かなかったはず。記憶が曖昧)

e0186780_1520077.jpg

これで直ったと思ったんだけど、今朝、間欠ワイパーを使ったら変な位置で止るわ、たまに間欠しなくなるわで、どうも動きがおかしい。配線は何度も確認しているから間違っていないはずなんだけど・・・

もしかして、青と黄色の線を逆にしたら直るかなぁ。
また、いちからテストしなおさないとダメだね。がっかり(泣)




[PR]
by bakaski | 2011-03-07 12:30 | 旧車 - ミニカ55バン A105V | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bakaski.exblog.jp/tb/14384115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ミニカ55バン メッキミラー交換 ミニカ55バン ウインドウウォ... >>