ミニカ55バン メーターパネル外し
e0186780_0412138.jpg

錆びた大穴を除き、とりあえずのサビ止めは小休止。
電池で動くラジオで聞く音楽にどうして我慢ができなくなったので
オーディオ取付け作戦開始しました。

ミニカ55バンのメーターパネル取り外しは、情報によるとかなり難易度が高いようです。
外す前から超不安です。

先週末、実家へ帰省した際、
弟のガレージに転がっていたレトロな感じのCDプレーヤーと昔ながらの据置タイプのスピーカーをお土産にもらってきたので、とりあえず、これをしばらく使うつもりです。まずは、適当な配線で動作確認。やっぱり、まともなオーディオだと気持ちよく音楽聞けます!

今回の記事は、自分用のマニュアルなので長文です(笑)

e0186780_0532399.jpg

純正ラジオを残しつつ社外品オーディオを付けるためには、ラジオに接続されているアンテナ線を分岐する必要があります。分岐用キットは市販品で1,400円程度。(商品例

e0186780_132555.jpg

ラジオのつまみ一式を外します。ボリュームつまみ、チューニングつまみとも、ただ刺さっているだけです。両手でつまんでゆるく引っ張れば、簡単に外れます。滑って外れない時は、作業用の薄手の革手袋などがお薦め!

e0186780_1151410.jpg

次にワイパーとチョークのつまみを外します。双方とも軸がパネルに固定されているので、この固定されているパーツも外します。ネジ式になっています。

e0186780_1242736.jpg

ワイパースイッチ → イモネジ外す → スイッチ自信がスクリューになっているので反時計回りで外れる。
チョークノブ → イモネジのみで外れる。

e0186780_130653.jpg

チョークノブ軸の台座は、手で回せば外れる。
ワイパースイッチ軸の台座は、手では回らない。

e0186780_1381436.jpg

パーツに、2つ穴が開いているのでどちらか一方にトルクスレンチ(6角レンチ)を差し込み、反時計回りにゆるくテンションをかけると、するっと回る。

e0186780_1505188.jpg

ここから先は、目視しにくい箇所と格闘することになります。
したがって、撮影できていない箇所あり。(撮影忘れもあり)

e0186780_22314426.jpg

まずは、灰皿を外します。ミニカ55バンの灰皿はすごく外れにくいです。
コツは「最大限に引き出して軽く下げる」です。
次に灰皿の上側にスチールの15x15cmくらいの遮熱板みたいなものがあります。
これを外します。ビスは全部で5箇所。

一部、3番ドライバーのロングタイプが必要です。寝そべったままでないとトルクをかけることが困難な箇所です。

この段階で、ようやくパネルが外れそうな感じになってきますが、実はこの後がさらに大変でした。
すでに外したメーターパネルの写真で説明します。

e0186780_22311986.jpg

メーター周りのビスとメーターケーブルを外すと、いよいよパネルが引っこ抜けそうな感じになります。しかし、ここから先がどうしても外れませんでした。目視した限り、他に固定しているビスもなさそうなんです。でも、明らかにシガーソケット辺りが何かで固定されている感触があります。

また、↓外した後の写真で説明しますが・・・

e0186780_2312678.jpg

シガーソケット辺りに引っかかりは、いくら裏側から見ても何かを確認することができず、最終的には手探りと勘を頼りに引っかかりが残る付近を調べました。

なんと、8mmのナットで裏側からパネルが固定されていました。どう考えても普通の工具ではナットを回せません。運良くボクは極小ラチェットレンチを購入したばかりだったので、それが役に立ちました。

ここまできたら、あとはメーターパネルをひき抜くだけなんですが、また、ここでしくじります。ハンドルのコラムカバーを外さないと、メーター部分がひっかかりますのでご注意を。

e0186780_246103.jpg

メーターパネルが外れたら、心ゆくまで電源取り出しができます(笑)
ボクは単純に純正ラジオのACCを分岐させました。もちろん今後も同じ作業した時に識別しやすいようにラベリングもやっておきます。

e0186780_2462244.jpg

常時電源はライトスイッチから分岐させました。手が入りやすく加工しやすかったので。

e0186780_2463278.jpg

参考までに、メーター計器類に使用されている電球とソケット形状です。電球だといつか切れるから、ここだけLED化できないかなぁ。

以上で、メーターパネルの外し方、終了です。
後日、ETC取付けやナビ用の増設シガーソケット加工を併せてやってしまう予定です。
ちゃんと、元に戻せるだろうか(笑)
[PR]
by bakaski | 2010-04-04 23:00 | 旧車 - ミニカ55バン A105V | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bakaski.exblog.jp/tb/12426885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねずみ at 2010-04-06 18:44 x
ご自身でいろいろと構われてるんですね♪
自分で出来るって羨ましいです!!!
楽しいでしょうね。
しかも画像にコメントがあるんで分かりやすいです☆☆
Commented by bakaski at 2010-04-06 23:46
男子ですから、一応、自分でいじれないと(笑)
いじるのは習うより慣れだと思います。
いじれる箇所は、過去に触った経験のある箇所だけ。
まだまだ、バイクのほうが詳しいです。
画像コメントは、職業柄、得意分野ですので
自分用マニュアルとして作ってみました。
Commented by ねずみ at 2010-04-14 12:31 x
チョークの上に付いてるのはラジオですか??
時代を感じますね^^*
またこれが味があっていい感じです☆
期待を裏切らない♪♪

ウッドパネルは純正なんですか?
Commented by bakaski at 2010-04-15 15:11
ねずみさん
チョークの上のは純正三菱製のAMラジオです。
こーいうの、旧車は壊れているのが多いんですが現役で音でますよ。
ウッドパネルは安物のビニールシートが貼ってあるだけですが
当時のスーパーデラックスモデルの仕様だったみたいです。

こんなボロでも商用車ミニカの中では、最上位モデルなんですよ(笑)


<< ロングウォレットーオーダー品(... ミニカ55バン 娘のおもちゃで補修 >>