ミニカ55バン キャブレターオーバーホール
e0186780_14204930.jpg

(すでに公道復帰を果たしていますので、記録として綴ります)

キャブオーバーホール。
まずは全バラ洗浄。

e0186780_14541535.jpg

工業用の超音波洗浄機でキレイにお掃除しました。
知人が素晴らしい機器を持っているので恩恵に預かってます。
キャブクリーナーなしでここまでキレイになるんですね〜

e0186780_1455055.jpg

錆びた部品に錆び止め剤を塗布。

e0186780_1421142.jpg

キャブレターバタフライオイルシールが傷んでいたので交換します。
純正品ではなく、ネット通販で汎用品で代用。

日本トムソン オイルシール OS OS8123
寸法D(Φmm):12/寸法b(mm):3/寸法d1(Φmm):8


e0186780_14212553.jpg

キャブオーバーホール用のガスケットキットは製廃です。
MD606073 在庫なし
よって自作ガスケットを多用します。

中には、再生不可能なゴムパッキンなどもあり、バラさないで元に戻した部位もあります。

e0186780_14215240.jpg

メインエアジェット付近の部品のガスケット品番はパーツリストに記載がありません。
(11番の部品のガスケット)

e0186780_1421773.jpg

キャブレター側のガスケットも製廃です。(1番の部品のガスケット)
MD019216 在庫なし

e0186780_14215598.jpg

これは、うまく旧ガスケットが剥がせたので、現物より型取り。

キャブオーバーホールが終わったので、この後ぼちぼち、エンジンを組立てます!




[PR]
by bakaski | 2013-05-22 12:45 | 旧車 - ミニカ55バン A105V | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bakaski.exblog.jp/tb/20532604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ナカヨシホットオールズミート ... 空冷ミニキャブバン 正しい使い方 >>